大阪・心斎橋 ナチュラルセラピーフーラからのおしらせ
ラバンジングロッソ
6月から畑にいい匂いが漂い、イングリッシュラベンダーより
シャープでリフレッシュできる爽やかな香りのハーブ、
ラバンジングロッソ。
紫色のかわいいお花を咲かせてくれます。
Doppo gardenでは、このお花の部分を蒸留し、
顔や体に肌水として使用できるフローラルウォーター(芳香蒸留水)
として販売しています。
ハーブからとれる精油とウォーターを別々に分けず
一緒に蒸留しているので、芳香成分もしっかり匂いがして、
とても心地よい気分にさせてくれます。



lavandin grosso ラバンジングロッソ
学名:lavandula hybrida
科目:シソ科

ラバンジングロッソは、イングリッシュラベンダー(真正ラベンダーangstifolia)
とフレンチラベンダー(スパイクラベンダーlatifolia) の交配種で、
成分カンファーが含まれているため、シャープで清涼感のある香りがします。

乾燥させたものをサシェやポプリとしてお部屋に置くのもいいですね。

体には呼吸器系に働きかけ、風邪の予防や、筋肉痛・肩こりの緩和に◎
また、やけど・切り傷などの肌の修復、ニキビや吹き出物、湿疹、
日焼けなどの肌の炎症も穏やかにしてくれます。
キャリアオイルにラバンジングロッソの精油を混ぜたり、
フローラルウォーターを直接お肌に吹きかけてケアするのもgood!
Aroma & herbs / comments(0) / - / natural therapy fura /
ハイビスカス
少しずつ、ちらほらと秋の紅葉を感じる季節になりましたね。
神戸市北区にある三田の畑(doppo garden)も少し肌寒いです。
写真はつい最近のハイビスカスですが、最後の収穫をしました。
それぞれがシャキン!きらきら2とキレイにまっすぐに成長し、お見事!
と思わず心の中で拍手 拍手...笑
観賞用のハイビスカスとは違って、ハーブティーで使用するのは
ローゼル種のハイビスカスです。



収穫したハイビスカスたち。
つややかで、赤色よりもっと深いルビーのような色ですね。
周りの顎(ガク)の部分を乾燥させてハーブティーに使用します。



Hibiscus ハイビスカス
学名:Hibiscus sabdariffa
別名:ローゼル
科目:アオイ科

ビタミンCが豊富で有名なハーブですが、他にもクエン酸、リンゴ酸、
ハイビスカス酸などの有機酸やアントシアニン、ミネラルも含まれていて、
疲労回復、眼精疲労、美肌にいいハーブティーです。
お湯を注ぐと赤く(ルビー)色づき、酸味があって、夏にはアイスにして
飲むのもおススメ!ですが、これからの時期はホットで飲むほうが◎

【ブレンドティー】
ハイビスカス
ローズヒップ
ローズレッド
レモングラス
※少し甘味が欲しいときは、ハチミツやステビアをプラスしてね!
Aroma & herbs / comments(0) / - / natural therapy fura /
ジャーマンカモミール
寒かった冬も終わり、あっという間に汗ばむ程の気候になって来ました。
暖かい日差しは、どこかへ出かけたくなるウズウズ気分にさせてくれますね。
植物達も同じでこの時期から、ぐんぐんと成長するものが増えてきます。
furaのお店では今、どこを向いてもカモミール・・状態で、
畑で穫れたカモミールが心地よい香りと共に、かわいくお部屋を飾って
くれています。


german chamomile ジャーマンカモミール
学名:Matricaria chamomilla
和名:カミツレ
科目:キク科

見ているだけでも癒されるかわいい小さな花を咲かせるカモミールは
主要成分として、精油に含まれる消炎成分カマズレンや、鎮痙作用を発揮する
フラボノイドが知られており、胸やけ、胃炎、冷え症、不眠など
幅広い薬効を示します。
炎症を和らげ、けいれんをほぐし、尚かつ傷を治癒する働きがあると言われ、
飲んでよし(胃痛など)、蒸気吸入によし(のど)、うがいにもよし(口内炎)、湿布にもよし(日焼けや目の疲れ)、ながめてよし見る・・と
まさに万能のハーブです。リンゴに似た甘くてかわいい香りも何とも気持ちを
リラックスさせてくれます。
”母”や”子宮”を学名の由来ともされている事からも、お母さんや幼児に用いる
ハーブとしても有名です。
少し甘くしたハーブティにミルクを混ぜて優しいドリンクも出来上がります。
doppo garden収穫のドライハーブも間もなく、お目見えします!
是非お試し下さい!

お知らせ
5/31(日)〜6/3(木)まで、臨時休業させて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。
Aroma & herbs / - / - / natural therapy fura /
palmarosa パルマローザ 

3月も終わりに近づき、桜開花のニュースが聞こえはじめて来ましたさくらんぼ
とは言うものの、突風に見舞われたり、雨が続いたり、
黄砂の影響で空が妖しい色だったり、
季節の変わり目なのか、はっきりしない天気が続く頃ですね。
しかし、さすがに厚手のセーターやコート、マフラー類はもう出番を終え、
来シーズンまで眠ってもらう事になりそうですね。
普通にしまっておくのも良いですが、虫食いやカビにやられて撃沈しまわない
ように少しアロマの力を借りて、収納させておくのはいかがでしょうか?

抗菌、抗真菌、防虫作用のあるア精油は沢山ありますが、
そのオイルをケースや引き出しに一緒に入れておくと防虫剤替わりとなり、
次の衣替えも楽しく出来ます。

知恵袋的な方法としては、まず、使わなくなったハンカチを4つ折りくらいにして、
その上に重曹を大匙2から3程度置きます。そこへ重曹めがけて、
チョイスした精油を5〜10滴程度たらします。後はお手玉の様にまるめて結んで、
収納の一番上にしまいます。
(直接洋服に付いてしまうかも・・という不安な場合は間に新聞紙などを噛まします)
で、次のシーズンまでしっかり見張り番見るをしてもらうのですが、
その後の重曹!はそのままお洗濯一回分に再利用出来ます。
(重曹を洗濯の際に使用するのはポピュラーになってきましたね)
精油の選択は、もちろん自分の好みであるものの方が良いですが、
なかでもおすすめなのがパルマローザです。
イネ科の植物で、華やかでバラにも似た香りとして有名ですが、
ゲラニオールという成分(抗菌、抗真菌作用)が段違いで入っています。
お肌のバランスを整える肌ケアオイルとしても有名ですが、
こんな使い方も出来ますので、まだ香りを知らないという方は、
一度どこかで香りを嗅いでみて下さい。
その他では、ゼラニウムや、ユーカリレモン、ローズウッドなど・・、
お好きな見張り番を見つけてみて下さいね。
Aroma & herbs / - / - / natural therapy fura /
エキナセア
日に日に暖かくなってきましたね。それに伴い、、つらい人には本当に
つらーい花粉の飛び散る季節到来であります。。
今回はそんな時期に、是非取り入れて頂きたいハーブのご紹介です。


エキナセア
学名:echinacea
和名:ムラサキバレンキク
科名:キク科

風邪やインフルエンザなど、ウイルスや細菌に対する体の免疫力を
高めるハーブとして、あまりにも有名なハーブです。
大昔から民間薬として使用されてきた植物で、
毒蛇に噛まれた時の薬としても重宝されていたそうです。
見た目は美しい紫ピンクの花ですが、花の中央の部分はカッチカチの
トゲだらけで、名前の由来はそのトゲトゲ部分から、ギリシャ語のハリネズミを
意味するエキノスからきたともいわれています。
エキナセアは、自らの免疫力を高めると共に、白血球の働きを活性にさせて
ウイルスをやっつける作用も持ち合わせています。
アタック&ブロック作用の優れモノです!
この季節からの体調管理にとても有効なハーブで、症状の出はじめる時期から
服用した方が効果的といえます。お手軽なブレンドハーブティとしては、
furaでは”echinacare"や”RESCYOU"があります!
お家の中にも花粉を入れないようにするのも大切ですね。外出後は、
玄関でお洋服をパタパタ!そのまま手洗いうがい、顔まで洗って・・と
徹底するのも良いかと思います!
夜はゆっくり一日の疲れを取って、つらい時期を乗り越えて下さいね!


Aroma & herbs / - / - / natural therapy fura /
yuzu柚子

冬もピークを迎えました。朝晩グーンと冷え込みゆき、雪もチラつく寒さです。
この時期は、暖かい食べ物、飲み物、ホットで甘〜い飲み物・・などなどが
美味しいですね。。
お鍋にドリンクに、そしてお風呂に・・とこの季節に活躍してくれる柚子を
今回紹介したいと思います。

強い酸味をもってやや渋みのある柚子ですが、みかんの2倍以上のビタミンCを含み、
果皮にはカロチンも含みますから、風邪の予防や美容の効果があります。
酸味成分のクエン酸には、疲労物質の生成を抑える働きがあるため、疲労回復の働きも
あり、その他、クエン酸には胃液分泌を促進する、肩こりや筋幾疲労を防ぐなどの効果
もありますので、まさに寒さで身体の縮こまった時に、心身を柔らかーくフニャ〜パクッ
っとほぐしてくれるといえます。
果皮の主な芳香成分はシトラールで、リラックス及びリフレッシュ、
又発汗作用があるので体をポカポカ温める柚子湯もこの時期は
大変良いですね。
精油としての柚子はお店にはありませんが、柚子ピール入りのバスソルトは
今販売中です。
日本の香りYUZUで、疲れや冷えを取り除いてみてはいかがでしょうか?

Aroma & herbs / - / - / natural therapy fura /
oregano オレガノ

今年も後わずか1ヶ月となりました。街なみのイルミネーションもキラキラ結晶
始まっていますね!きれいですねー。
クリスマス、忘年会、お正月の準備・・などなど
あっと言う間に年越しを迎える、慌ただしい師走ではありますが、
そんな時期に体調を崩してダウン・・何て恐ろしい事は避けたいものですね。
furaでも、ただいまアロママッサージ90分に、プラナロム社の
オレガノカプセルをセットにした、緊急キャンペーンを実施していますが、
このオレガノという植物のパワーを少しご紹介します。


ハーブの香りとしては、少々くせのある、お薬をイメージさせるものですが、
イタリア料理などにもよく利用されており、特に矯臭・脱臭効果が高く
お肉やお魚の臭みを消すのに有効と言われています。
消化器系にもよく働き、胃酸過多や腸内ガストラブルにも良いとされていて、
オレガノを嗅いで、「良い香り〜」と思う時は、お腹のトラブルを抱えて
いる時かも知れません!
そして、精油成分には、カルバクロールという強い抗微生物活性、
免疫向上作用を持ち、呼吸器系、流行性感冒にもとても良いとされ、
天然の抗生剤パーとしてまさにこの時期にピッタリですね。
プラナロム社のオレガノカプセルには、その琥珀色のカプセルの中に精油成分が
しっかり配合され、体の中からの免疫向上を助けてくれると言えます。
イベント目白押しのこのシーズンを元気に過ごせるように、植物のパワーを
頂きながら、体調管理も万全に、楽しみたいですね。
Aroma & herbs / - / - / natural therapy fura /
Nettle ネトル
9月もあっという間に過ぎ去り、何気なくお肌を触ってみると・・・カサカサ!?など、乾燥の気になる時期になりました。
又、春だけでなく秋も花粉に悩まされる方もおり、
体の免疫を高める事は、季節の変わり目には重要です。

Nettle ネトル イラクサ科

学名:urtica dioica
和名:西洋刺草
原産国:全土
効能:抗アレルギー、強壮、利尿、浄血など


ネトルは、葉や茎に有毒のヒスタミンを含む鋭い棘があり、
素手で触ると激しい痛みが数日間残ると言われる
少し近寄りたくない恐ろしそうな植物です。
しかし、乾燥させると棘は取れ、ハーブティーにすると香りは
とてもやわらかく、干草や緑茶を思わせるような、優しいものに変身します。
ビタミン・ミネラルを豊富に含み、特に鉄分を多く含んでいるので
貧血の予防としてもよく知られています。
体の自己免疫力を高める、アレルギーに対しての過剰反応を起こりにくく
する、という働きもあり、花粉症や関節炎のトラブル、体質改善に有効な
植物としても有名です。

そんな栄養豊富なネトル、人のみならず畑の虫達にも大人気です・・!
doppo gardenのネトルはオーガニック栽培なので、虫食いもチラチラっと
あるのですが、とってもおいしいです!
オンラインショップsproutではブレンドティを販売しています。
こちら→http://sprout.ocnk.net/product/327
店頭でももちろん、量り売りもしていますので、お気軽にお問い合わせ
下さい☆
Aroma & herbs / - / - / natural therapy fura /
ホームケア
8月に入り、いよいよ夏本番になりました!
この季節は、紫外線や気温の上昇による皮脂分泌調整など、いつも以上に
お肌には負担がかかっています。
体のメンテナンスももちろん必要ですが、しっかりとお肌の外側からも
ケアしてあげる事が大切になります。
毛穴のつまり、肌のゴワつき感、くすみ、日焼け後のほてり・・さまざまな
トラブルがありますが、そこでオススメしたいのが、ハーブパウダーを
使ったホームケアです。ハーブパウダー・・・ご存知ですか?



フーラでも、数十種類のハーブやクレイ、ナッツ系のパウダーを
小分けにしてズラリと(ひっそりと)販売していますが、
それぞれ保湿、鎮静効果、洗浄効果・・・と特徴があり、
組み合わせたり、又単品で使用したり、トラブルに合わせて使える
優れモノなのです!

色々な使用方法がありますが、とっても簡単な使い方としては、
一回分(お顔なら約大匙3杯くらい)をお水でゆるめて、練り練りと
粘土状にするだけ(必要に応じて、オイルを足したりもします)。
それをパックやゴマージュとして洗顔後のお肌に使用します。
天然100%の植物のパワーなので、お肌も大喜びに違いありません!
敏感肌や荒れているお肌にはパッチテストが必要な場合もありますので、
何かあれば質問して下さいね。
今の時期は、ラベンダーやローズヒップなどがオススメです!

自分でするのは面倒・・という方は、80分のフェイシャルコースでこちらを体験して頂けます。8月いっぱいまでは、生フルーツを使った限定ケアのキャンペーンをしていますので、こちらもオススメです!
Aroma & herbs / - / - / natural therapy fura /
JAMU クンチュール


一雨ごとに、日差しも厳しくなり、都会ではありますがセミの鳴く声も
ちらちらと聞こえる季節になりました。
今回は、会社やお家での冷房などによる体調不良を起こしやすい
この時期にピッタリのスパイスについて紹介します。

インドネシアでは、中国でいう漢方薬のような、植物の根や葉などを
用いて作られる、JAMUドリンクというモノが、ごくごく普通に生活の中で
親しまれているようで、サプリメント感覚で飲まれたりもしています。
中には、精力増強やバストアップなどの、パッケージからしていかにも!!なモノまであったり、バリの女の子達は、その時々の体調や
気分に合わせて、朝のドリンクやおやつの代わりなどにして
飲んでいたりしたのをよく見かけました。



furaでも、移転してから、手作りJAMUドリンクを、トリートメント後の
お客様にサービスする様になったのですが、これが絶妙なスパイス配合で
とてもおいしいと好評です!

使用するスパイスの一つにクンチュールというものがあり、
あまり日本では聞き慣れない響きのスパイスですが、クンチュールとは、
主に東南アジアに広く栽培されているウコンの一種で、インドネシアでは
民間療法や、料理に欠かせないスパイスになります。

クンチュール
科目:ショウガ科
学名:Kaempferia galangal
和名:ばんうこん

血流やリンパの流れを活性化し、脂肪燃焼、老廃物排泄の効果が期待され
日本の生姜よりもさわやかな香りがして、穏やかに体温を上昇させるので
身体を適度に暖めてくれ、風邪の引きはじめや疲労回復にとても良いと
されています。お料理やお菓子作りにこれを使用してみても、
一味違った風味が出て良いかも知れません。

又、これを他のエキスと混ぜて、熱冷まし(冷えピタ感覚で)や、
筋肉疲労部位に塗ったりする使用法もあり、おって紹介させて
頂きたいと思います。
ドリンクは、お家で簡単に作る方法もご案内していますので、
ご興味のある方は、お気軽にご質問して下さい。
クーラーなどでの体の冷え、凝りが気になるこの季節にオススメです!


Aroma & herbs / - / - / natural therapy fura /